家族の集まる特別な日

長寿のお祝いにも色々あります。

 還暦(六十歳)、古希(七十歳)、喜寿(七十七歳)、傘寿(八十歳)、

 米寿(八十八歳)、卆寿(九十歳)、白寿(九十九歳)、百寿(百歳)

久しぶりに会う親戚の方々もありますから、

昔話から、自分自身の根に関わる話なども出てきて驚く事なども多々あるものです。

祝の鯛

こうした慶事だけでなく、法事において故人を偲ぶ中でも、同じ事はあります。

なかなか、集まることは少ないかも知れません。

しかし、機会があれば、昔の話は聞いておいて損はないのかと思います。

法事も

 四十九日、百ヶ日、一周忌、三回忌

と、このあたりまでは慌ただしく過ぎましょう。

 七回忌、十三回忌、十七回忌、三十三回忌

となっていくと、落ち着くとともに、メンバーも変わっていき、やがて、昔話をする側になっていきます。


ところで、会食は難しい、という場合には、お持帰のお弁当もご用意できますので、ご相談下さい。

法事弁当